保育士の試験と勉強方法について

保育士になるには、試験を受験して資格を取得する必要があります。この保育士の試験は、毎年都道府県で同日に実施されるため、1年に1回しかチャンスがありません。

また、ほかの国家資格の試験に比べると難易度は高くありませんが、それでも受験者の8割は不合格になります。



中学生や高校生の段階で保育士を目指すのであれば、試験を受験するよりも「保育養成課程」が設置されている大学や短大、専門学校に2年以上通学して、卒業すれば試験を受けなくても資格を取得することができます。

大学や短大の場合は、保育士の資格だけでなく幼稚園園教諭2種免許状も得ることができ、就職するときに選択肢が広がるというメリットもあります。

デメリットとしては、学費が200万から300万ぐらい必要になってくることです。

そのため、すでに社会人の方は、仕事と両立ができる通信制の短大や専門学校に通って免許を得る人もいます。

通信制の短大や専門学校にかかる費用は、50万から100万の間になります。
しかし、通信制の学校の中には、単位を取得するだけでは免許を得ることができないケースもあるため、入学する前に調べておくことが大事です。

http://www.hoikushibank.com/chiba

保育士のニーズは共働きの家庭が増えたために高まっていますが、保育園の職員への給与や待遇が学校の教諭に比べると低いため、資格を取得しても保育とは関係ない職業に就く人も多いです。

このような資格を持っていながら、保育現場を離れる人が増加していることは近年社会問題として注目されています。

このサイトで保育士の求人情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。